野原に立つカップル

福岡市の婚活・恋活サポート『縁つなぎ処 花実』:
当・花実の会『利用規約』がアナタ様をお守りします!

Support

※スマホ等からご覧を頂いている方へ ‐

もしも上段に設置のMAIN MENU(スマホ等から閲覧の場合はプルダウンメニュー形式で表示されます)が開かない場合は『サイトマップ』をご利用下さい。


サイトマップ


◎下段には通常の形でMENUが表示されておりますので、本ページを読み進めたうえでそちらからお好きなページへ入って頂く形でもモチロンOKです。

introduction

本規約は、花実の店主が一流弁護士さんのお力を借りながら約1年をかけて丁寧に作り上げたものであり、アナタ様の恋活・婚活の安全をシッカリお守りできるもの、お守りさせて頂くためのものです。

花実の会 利用規約

(※本規約は『花実の会』をご利用の方のみに該当するものであり、縁つなぎ処 花実をご利用の方の全てに該当するものではありません)


第1条【会の目的】

花実の会(以下、本会)は、独自の本会システムの運用により、男女の真剣な交際相手さがしのサポートを行うものであり、本会の会員(以下、会員)に対し交際を希望する相手の選択や交際の成立に必要な情報やサービスの提供及びそれに付帯する必要な助言等を行います。

また、誠意を持って本規約に記したサービスを提供致しますが、交際の成立や必ずお好みに適う方に会える事を保証するものではありません。


第2条【提供するサービス】

1.会員は本会の主催するイベントに出席する事ができます。

出席については、出席を希望するイベント毎に、本会より指定の方法にて申込みを行い、各イベント毎に本会が決定のうえ事前に告知した額の費用を、本会より指定の方法にて本会へ支払うものとします。

※定員制のイベントの場合、満員のため出席できない事もあります。

※種類により出席できないものもあります。

※事情により開催を延期あるいは中止する事もあります。


2.会員は本会が提供する異性会員情報より希望する相手会員(会った事がない方に限る)を選択し、本会を通じて面会を申し込む事ができます(サービス名:アルバミングサービス)

面会が成立した時は男女双方共に本会へ所定の料金を、本会より指定の方法にて支払うものとします。


3.会員は、既に会った事のある相手会員(入会中の方に限る)を対象として、自身が希望する内容の交渉を本会に依頼する事ができます(サービス名:ネゴシエーターサービス)

依頼者は交渉の成否に関わらず本会へ前払いかつ本会より指定の方法にて所定の手数料を支払うものとします。

ただし会員の安全を守る類の内容のものについては、原則として無料とします。

※本会は誠意を持って交渉にあたりますが、交渉の成功を保証するものではありません。

※相手の方に無理を強いる様な交渉の仕方は一切行いません。

※公序良俗に反する、会の目的に反するなどの他、本会の裁量により不適切と判断した内容のものについては、本会は依頼を断る事ができるものとします。

※対象の相手会員と本会事務所で面会する事を希望し、行う場合は、上記手数料と別に料金が生じるものとし、面会時に依頼者本人が本会より事前に指定する料金を持参のうえ本会へ支払うものとします。


4.入会申込み時に本会へ所定のサービス付加料分が加算された入会金を支払い、花吉会員(第4条参照)として入会した会員に限り、本会が会員データを元に互いの希望する相手条件の合致度が高い異性相手会員を探したうえ面会をセッティングするサービスを受ける事ができます(サービス名:マッチングサービス)

該当する相手会員が見つかった場合に本会が双方に面会を希望する意思の確認を行い、双方ともに希望すれば面会成立となります。

面会が成立した時は男女双方共に本会へ所定の料金を、本会より指定の方法にて支払うものとします。

※本会は誠意を持って該当の相手会員探しを行いますが、必ず該当の相手会員が見つかるという事やお好みに適う方に会えるという事を保証できるものではありません。


5.本会の活用の仕方に関するアドバイスを行います。


第3条【入会資格】

※以下の全ての条件を満たす方 -

1.27歳以上の男女で、法的においても実態においても独身者である方

2.恋人がいない方

3.社会的な良識があり、相手の方の人格を尊重できる方

4.定職を持っている方(男性のみ必須)

5.反社会的組織・団体等の関係者でない方

6.本会の定めた以下のものを提出できる方

〔1〕所定の入会申込書と自己PRカード(本会に備えのものにご記入を頂きます)

〔2〕独身証明書(または戸籍謄本)

〔3〕免許証等の公的な身分証明書(顔写真付のものは1種類で可、顔写真なしのものは2種類要)

〔4〕職業を証明するもの(男性のみ必須)

〔5〕ご本人の顔写真(カラーで、過去6か月以内のもの)

※写真については、本会にてお撮りする事もできます(手数料300円+消費税)

※上記〔2〕〔3〕〔4〕については、持参時に本会でコピーを取り、原本は返却するものとします。


第4条【会員の種類】

1.基本的な種類として、入会申込み時に本会へ所定のサービス付加料分が加算された入会金を支払う事によって第2条に記載のサービスの全てを受ける事ができる花吉(はなきち)会員と、第2条に記載のサービスのうち第4項のマッチングサービスを除くサービスのみを受ける事ができる花咲(はなさき)会員の2種類があり、入会の申込み時に申込み者本人がいずれかを自由に選択できるものとします。


2.会員の種類については本会の判断により増減を行う場合があるものとします。


第5条【入会の申込み】

第3条に記載の必要書類を持参の上、本会に備えの所定の入会申込書に必要事項の記入と捺印を行い、持参の必要書類と共に本会へ提出するに合わせ、所定の入会金および初回分の月会費(※第7条参照)を支払うものとします。

また同時に、2回目以降分の月会費(※第7条参照)の支払い用として、本会に備えの所定の銀行口座自動引落し依頼書に必要事項を記入、当該口座用の印鑑を捺印し、本会へ提出するものとします。

その後、本会で第6条に記載の審査を行い、問題がなければ入会となるものとし、また、入会となった会員は速やかに、本会に備えの所定の自己PRカードに必要事項の記入を行い、本会へ提出するものとします。

※申込みの際には法律で定められた書面についての確認と同意も必要となります。

※入会をお断りする場合は、本会は、速やかにお支払いを頂いた入会金と月会費及び写真を返却のうえ、お預りした書類一式については責任を持って破棄するものとします。


第6条【審査】

1.入会申込みを受けた後、本会は所定の審査を行い、入会に不適格と判断した場合は入会をお断り致します。

また、第3条に記載の条件を満たす方でも、入会をお断りする場合があります。

いずれの場合においても、理由等一切の開示はできません。


2.入会後の会員であっても、転職や住所移転等により個人情報に変更が生じた場合や、本会が再審査を要すると判断した場合は再審査を行い、会員として不適格と認められた場合は退会となります。

また、この場合においても、理由等一切の開示はできません。


第7条【月会費】

会員は入会月の翌月より所定の月会費を本会へ支払うものとします。

支払い方法については、入会月の翌月分(初回分)を入会申込み時に入会金と合わせて支払い、2回目以降分を原則として入会月の翌々月より毎月1回、本会の指定の日に、銀行口座自動引落しにより支払うものとします。

引落し手数料については会員が負担するものとします。

なお月会費は、月の中途で本会の会員でなくなった場合でも日割りの適用はなく、当月分の全額を支払うものとします。


第8条【会員証】

会員は本会が発行する会員証を、本会を利用の際には持参し、本会より提示を求められた場合は提示を行うものとします。

なお、本会の会員でなくなった時は本人が責任を持って処分するものとします。


第9条【会員個人情報の管理】

1.会員個人情報の管理責任者は本会の代表者とします。


2.本会は偽りその他不正の手段によらず適正に個人情報を取得します。


3.本会は会員より取得した個人情報を、以下の利用目的の達成に必要な範囲内で利用します。

以下に定めのない目的で個人情報を利用する場合、予めご本人の同意を得た上で行います。

・会員からのご相談、お問い合わせ等に関する回答をする為。

・本会が会員にとって有益と判断した情報をお知らせする為。

・会員の希望する相手会員とお引き合わせをする為に、本会が把握する必要がある情報を把握する為、および、相手会員に対して提供する必要がある情報の提供を行う為。

ただし本会は、かかる第三者提供を行う場合であっても、提供する項目と手段は以下の範囲とします。

(1)提供項目 ‐ 氏名、年齢(生年)、身長、職業、写真、ほか本人が特にアピールを希望する事項。

(2)提供手段 ‐ 電話、メール、紙媒体。

※提供項目について、本会が特に本人の許可を得た場合は上記の範囲に限らないものとします。

※上記提供項目のうち写真については、第三者が見る事のできる手段を本会事務所内での紙媒体または写真現物による目視に限定するものとします。

※会員が自己の情報の提供を希望しない場合は、本会へ連絡する事により、以降の提供を停止できるものとします。


4.本会は、取り扱う個人情報の漏洩、滅失またはき損の防止その他の個人情報の安全管理のために必要かつ適切な措置を講じます。

また、本会運営スタッフ内部においても、個人情報に関わるデータベースへのアクセス権を有する者は限定し、万一でも不正な利用がなされることのないよう厳重に管理致します。


5.本会は、個人情報の取り扱いの全部または一部を第三者に委託する場合は、当該第三者について厳正な調査を行い、取り扱いを委託された個人情報の安全管理が図られるよう、当該第三者に対する必要かつ適切な監督を行います。


6.本会は、個人情報保護法等の法令に定めのある場合を除き、個人情報を予めご本人の同意を得ることなく第三者に提供致しません。


7.本会は、ご本人から自己の個人情報についての開示の請求がある場合、速やかに開示を致します。

ただしその際、ご本人である事が確認できない場合には、開示できません。


8.個人情報の内容に誤りがあり、ご本人から訂正・追加・削除の請求がある場合、調査の上、速やかにこれらの請求に対応致します。

ただしその際、ご本人である事が確認できない場合には、対応できません。


9.入会申込書、証明書類及び顔写真は、退会日から1年間、本会で保管後、本会で廃棄します。


第10条【会員の義務と尊守事項】

1.入会時に提出や申告をする自己の登録情報に虚偽があってはならないものとします。

また、入会時に当会が必要とする書類は速やかに提出しなければならないものとします。


2.入会後も自己の登録情報に変更があった場合は速やかに本会へ連絡するものとし、本会より自己の情報に関する報告や必要書類の提出を求められた時は、速やかに当該事項について報告や提出をしなければならないものとします。


3.本会および相手会員からの、返信や対応を要する手紙や連絡に対しては、誠意を持って速やかに返信や対応をしなければならないものとします。


4.本会の利用に関する事項 ‐

〔1〕相手の人格を尊重し、不正や不純な目的のために本会を利用してはなりません。

〔2〕利用に際しては、言動に気をつけ、社会人として良識ある対応をとる事とします。

〔3〕本会との間で同意し決定した相手会員との面会やイベント等への出席は断る事ができません。

やむを得ない事情で欠席をした場合は、反則金として当該料金の同額を本会へ支払うものとします。

無断欠席をした場合は、反則金として当該料金の倍額を本会へ支払うものとします。

〔4〕相手会員との面会の待ち合わせ場所は本会が指定する場所とします。

〔5〕原則として本会スタッフはイベント時を除き、本会事務所外での会員同士の面会には立ち会わないものとします。

〔6〕相手が会員であるか否かに関わらず、自らに交際の成立があった時は、速やかに本会へ報告するものとします。

〔7〕会員に対し交際をお断りする場合は、本会に報告の上、本会との協議により自身もしくは本会から行うものとします。

〔8〕交際のお断りを受けた相手会員には以後、交際の要求をしない事とします。


5.プライバシーに関する事項 ‐

〔1〕会員は、他の会員に、定められた範囲(第9条の3に記載の提供項目の範囲)の自身の個人プロフィール及び写真を閲覧される事を認める事とします。

※自身の個人プロフィール及び写真の、他の会員への提示を行わない事を選択する事もできます。

ただしこれを選択する事は、交際成立の確率を低くする条件となる事を会員は了承するものとします。

〔2〕本会の利用上において知り得た他者の個人情報については会員期間中のみならず期間終了後においても守秘義務を負い、第三者への漏洩や、自己の利益および職業のための使用をしてはならないものとします。

これに反する行為があったとしても本会は一切責任を負わないものとします。

〔3〕本会運営スタッフの判断により閲覧を許可するもの以外の、他の会員の個人情報の閲覧を強要する事をしてはならないものとします。


6.自己責任に関する事項 ‐

本会を介して知り合った方との交際への発展・成立は自己の意思決定、自己の責任で行う範囲となり、交際により生ずる紛争、事故、被害、金銭トラブルについて本会は責任を負わないものとします。

婚約、結婚においても同様とします。


第11条【交際の成立の定義】

本会では以下の場合に交際の成立と認められます。

〔1〕 当事者双方が恋人同士あるいは結婚を前提とした同士であるという認識を持った時。

〔2〕 結婚の約束(口約束含む)、結納、結婚式があった時。

〔3〕 同居・同棲をした時(不定期の同居・同棲も含む)


第12条【交際成立料】

1.会員は、本会を通じて知り合った相手会員(退会等により既に会員ではなくなっている方も含む)と交際が成立した場合、本会へ所定の交際成立料を本会より指定の方法にて支払うものとします。

2.会員が交際の成立により退会した後(第15条の規定による)も発生した交際成立料の支払い義務は消滅しないものとします。

3.交際が成立した事を隠すなどして不当に交際成立料の支払いを免れる行為は禁止とし、違反した者は反則金として所定の成立料の倍額を本会へ支払わなければならないものとします。


第13条【会員の期間および期間の更新に関する事項】

1.会員の有効期間は入会日より1年間とします。

2.ただし所定の更新手続きを行う事で1年間の延長ができるものとします。

3.会員期間満了の前に本会よりの通知にて指定する期限(原則としては期間満了日の14日前)までに会員から本会へ更新をしない意思の通知がなされない場合は、更新を行う意思であるとみなされるものとします。

4.更新の際は本会へ所定の更新料を本会より指定の方法にて支払うものとします。


第14条【会員の種類の変更】

1.会員の種類の変更については更新時のみに行う事ができるものとします。

2.花咲会員から花吉会員に種類を変更する場合は、更新時に、花咲会員の所定の更新料に合わせ、所定のサービス付加料(更新を行う時点における花吉会員の入会金の定価と花咲会員の入会金の定価の差額分)を本会より指定の方法にて本会へ支払うものとします。

3.花吉会員から花咲会員に種類を変更する場合は、更新時に、花咲会員の所定の更新料を本会より指定の方法にて本会へ支払うものとします。

4.種類の増設等により花吉会員と花咲会員以外の種類に属する会員が存在し、その会員が種類の変更を希望する場合のかかる費用形態は、入会時に要する基本料金について低い方から高い方の種類へ変更の場合は本条2の内容に準じ、高い方から低い方の種類へ変更の場合は本条3の内容に準じるものします。


第15条【会員の退会】

以下の場合、本会を退会として処理いたします。

〔1〕会員の有効期間が終了した時。

〔2〕会員の意思で退会を申し出た時。

〔3〕交際の成立があった時。

〔4〕本会が会員として不適格と判断した時。


第16条【会員の除名】

以下の場合には本会は当該会員を除名処分とする事ができるものとします。

〔1〕本規約に違反した時。

〔2〕本会に届出なく相当の期間や回数にわたり連絡が取れない時。

〔3〕本会より請求した費用を支払わない場合。

〔4〕他の会員の名誉や人格を傷つけた時。

〔5〕本会の名誉や信用を傷つけた時。

〔6〕公序良俗法令に反する行為をした時。

〔7〕本会が会員として不適格と判断した時。


第17条【入会申込みの取消し】

入会の申込み日より8日以内であれば本人が書面で通知する事により無条件で申込みの取消しができ(クーリング・オフ)、本会は当該通知を受けた場合、法律に則った返金を行ったうえ、写真を返却し、お預りした書類一式については責任を持って破棄するものとします。


第18条【中途解約に関する事項】

1.第17条に記載のクーリング・オフ期間を過ぎても契約の中途解約を行うことができます。

クーリング・オフ期間経過後に契約の解約を申し出た場合の解約返還金は以下の通りです。

〔1〕役務提供開始前‐

前受金から契約の締結及び履行のため通常要する費用として政令で定められた初期費用(3万円)を差引いた額。

〔2〕役務提供開始後‐

前受金から下記イとロの合計額を差引いた額。

イ、初期費用の他、既に提供した役務の対価に相当する額。

ロ、解約によって通常生じる損害額として政令で定める額(2万円又は確定した契約残金の20%相当額のいずれか低い額)。


2.会員期間の満了、交際成立による退会、除名処分の場合は、中途解約には該当しないため、受領金の返還はいたしません。


第19条【再入会】

本会を過去に退会した方であっても、現状において本会の入会資格に該当する方であれば入会の申込みができ、審査で問題が無ければ再入会ができるものとします。

ただし除名処分となった者の再入会(入会申込み含む)はできないものとします。

退会日から1年以内に再入会の場合は、入会金について通常の金額より30%差引きの適用を受けられるものとします。


第20条【サービスの停止】

不誠実な行為等により本会の円滑な運営に支障を生じさせると本会が判断する会員に対しては、本会の裁量に基づいて改善が認められるまでサービス提供の停止を行う事ができるものとします。


第21条【過払金発生時の処理】

何らかの事情により会員から本会への過払金が生じた場合は、原則として銀行口座振込にて速やかに過払分の返却を行うものとします。


第22条【料金支払い時の手数料負担】

会員が本会へ料金の支払いを銀行振込や銀行口座引落しにより行う場合に発生する振込手数料や引落し手数料については会員が負担するものとします。


第23条【免責】

1.本会は、会員の不注意や故意から生じた事故や被害等のトラブルについては責任を負わないものとします。

2.本会は、相手会員に対し本人の意思表示を通知しているにも関わらず回答が得られない場合の責任は負わないものとします。

3.本会は、会員の交際(婚約、結婚含む)により生ずる紛争、事故、被害、金銭トラブルについての責任は負わないものとします。

4.本会は、会員が交際の成立ができない場合においての責任は負わないものとします。

5.本会は、会員の自己申告あるいは会員による変更、偽造、変造に基づく会員情報が事実と相違する場合においての責任は負わないとものとします。

6.本会は、会員期間中および退会後や除名後も会員より受領した提出書類について返還する義務は負わず、責任を持って破棄、処分する義務を負うものとします。


第24条【料金の改定】

本会は、会員に対し事前に通知のうえ、料金の増額または減額を行う事ができるものとします。

通知に記載する期日までに異議の申し立てがない会員はこの増額または減額に同意したものとします。

 

第25条【規約の改定】

本規約は会員に対し事前の予告なく改定を行う事ができるものとし、また改定を行った際は軽微な変更の場合を除き会員に通知するものとします。

通知に記載する期日までに異議の申し立てがない会員はこの改定に同意したものとします。


第26条【問題の解決】

会員(会員期間中のみならず退会後や除名後も含む)や本会の利用者と、本会との間に問題が生じた場合は、双方が良識と誠意を持って協議し解決するものとします。

当事者本人と直接協議できない場合、本人の両親のどちらか(いない場合は法的に最も近い親族)の同席の上、協議するものとします。


第27条【損害賠償】

会員(会員期間中のみならず退会後や除名後も含む)や本会の利用者が、本会に損害を生じさせた場合は、本会は損害賠償の請求ができるものとします。


第28条【紛争】

会員(会員期間中のみならず退会後や除名後も含む)や本会の利用者と、本会との間に生じた紛争については、第一審の専属的合意管轄裁判所を福岡地方裁判所または福岡簡易裁判所のみに定めるものとします。


第29条【発効日】

本規約は、2015年10月1日をもって発効したものとします。


第30条(※特別条項)【共助会員に関する特別事項】

※本特別条項は、共助会員のみに適用されるものとします。

〔1〕共助会員とは、自身のできる限りの範囲で『花実の会のイベント等の積極的な利用および花実の会への新規ご入会者の紹介を行う事によって、花実の会の充実や発展に寄与して頂く』という条件に同意し、その対価として入会金および月会費が免除される会員の事を言います。

〔2〕ただし更新を行う場合の更新料および更新後における月会費は必要になるものとします。

月会費については更新月の翌月分から発生するものとし、本会へ更新時に更新月の翌月分(初回分)を更新料と合わせて本会より指定の方法にて支払い、2回目以降分を原則として更新月の翌々月より毎月1回、本会の指定の日に、銀行口座自動引落しにより支払うものとします。

また2回目以降分の月会費の支払い用として、1回目の更新時に所定の銀行口座引落し依頼手続き(第5条参照)を行うものとします。

〔3〕共助会員専用の入会申込書(利用規約同意書および交付書類受取証兼)にて申込みをし、規定の審査で問題がなければ共助会員として入会できるものとします。

〔4〕通常の費用免除適用にて入会した場合は、会員分類が『共助会員花咲』となり、一般の花咲会員と同等のサービス(第2条及び4条参照)を受けられるものとします。

〔5〕入会申込み時に所定のサービス付加料を支払って入会する事によって、会員分類が『共助会員花吉』となり、一般の花吉会員と同等のサービス(第2条及び4条参照)を受けられるものとします。

〔6〕前項〔1〕の寄与行為が著しく行われない場合、規約違反とみなされる事があるものとします。

〔7〕原則的に共助会員として入会ができるのは1度のみとし、退会等により共助会員でなくなった場合は再び共助会員として入会する事はできないものとします。

ただし本会の判断により2度以上の共助会員としての入会を認める事はできるものとします。

〔8〕本特別条項に記載以外の利用条件については全て本規約に従うものとします。

福岡の婚活・恋活サポート『縁つなぎ処 花実』TOPページへ

 
Copyright(c) 2017 福岡『縁つなぎ処 花実』. All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com